スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ボランティア日記?
いくつかの養護施設から面接を言い渡されました。
肢体不自由児養護施設。
知的障害児養護施設。
情緒障害児養護施設。
病弱児養護施設。


肢体不自由児は1カ所の施設から。
知的障害児は2カ所の施設から。
情緒障害児は2カ所の施設から。
病弱児は、1カ所の施設から。


面接を頂き、各施設と連絡を重ね、面接の日取りを取り、向かったあの日。


私にとって、新たな出会いの場所となりました。


まず最初に向かったのが、肢体不自由児養護施設でした。ここで、私は多くの事を学ぶ事になります。


電車に乗って、バスを乗り継いで、行きました。
家から1時間半のこの場所で。いろいろな想いを抱く事になります。
責任者の方と面接をし、その場でOKを貰い、活動日と支援内容を決めました。
ここでは、月・土の週2日。午後2時から夕方5時まで。活動に入りました。児童との関り。レクリエーションで一緒にゲームをしてあそんだり、子どもたちと企画をしたり、時には訓練のサポートをしたり。相談に来る小学生の子もいました。車椅子の彼ら。動けない彼ら。それでも、自分の意思と人生を歩いてくその生き様を見て、未来の自分の姿を、重ねてみた事もあります。
でも、今は、私に出来る事を。精いっぱいの形でやろう。それが、私を突き動かしていたたった一つの、キモチでした。


次に、面接に向かったのは、情緒性障害児短期治療施設でした。ここには、不登校の子や知的に発達遅れはないのに、学習が出来ない子。不安が強く、人前で話すことが出来ない子。など、情緒的に何らかの障害を抱えている子がたくさんいました。
私はここで、子どもの心理というものに、向き合い、そして自分というものを取り戻す場所でもありました。
人間的に、多くの事を磨かせて頂いたような気がします。
情緒障害児短期治療施設は2カ所、面接を受け入れてくださいましたが、最終的に活動に入るのを、受け入れてくださったのは、1カ所だけでした。
受け入れてくれた施設での活動は、火・水の週2日。火曜日は9時から12時まで。水曜日は9時から5時まで。
家から、電車を乗り継いで、毎週通いました。


そこで出会った、一人の女の子。
対人恐怖で、目を見て話す事が出来ず、いつもひとりでいるような子でした。私は、活動に入ったその時から、彼女の事は気になっていましたが、話し掛ける事が出来ず、日々の忙しさに紛れ、彼女と接点を持つ事が出来ませんでした。


ある日。
スタッフと話をしているとき、彼女が私に一通の手紙を渡しました。そして、「後で、読んで!」と言って、タッタた、と走り去っていきました。
その日の帰りの電車の中で、私は貰った手紙を見ました。
『仲良くしてください。』と書かれたその手紙を、私は彼女の心のうちを、少しだけ、見たような気持ちでした。それから、私と彼女との文通が始まりました。
活動に行くときには、必ず彼女へ渡す、手紙を入れていきました。ほかのボランティアで忙しく、書けなかった時には、電車の中で書き綴りました。
そうして、彼女の信頼を得られたと思ったとき。
彼女は突然、お父様に連れられ、治療施設からご自宅に戻る事になったのです。
彼女は、『ほんとはね、帰りたくないの。』と手紙に書いてくれました。けれども、たかがボランティアでしかない私は、止める事も、彼女にだいじょうぶよ、とも言えませんでした。そして、迎えた彼女とのお別れの日。彼女の強い意思で、私の活動日に自宅へ帰る事になったのです。後で、それを知ったとき、もっと彼女と話せばよかった。と後悔しました。


お別れの日。
お父様の車の窓から、寂しげにこっちを見る、彼女のあの顔が、あのまなざしが忘れられません。
『さよなら。Ressarちゃん、ありがとう。』
と言って、さよならしたあの日から、5日後。
彼女が手首を切り、睡眠薬を大量に飲んで、亡くなったという訃報を施設のスタッフから、聞きました。
一切のボランティア活動をその日はお休みして、私は彼女のお葬式に出ました。そこには、あの時見せてくれたとびっきりの笑顔で、笑っている彼女の姿があった。穏やかな顔で、眠っている彼女を見ると、涙を止める事が出来なく、本当にやりきれない思いでいっぱいでした。どうして、あの時。
『帰りたくないの。』
と言った彼女の気持ちを無視してしまったのだろう。あの時。私がスタッフにでも言えば、彼女は自分を苦しめる事はなかったかも知れない。
あの、さよならが本当の、さよならになってしまうとは。誰が思ったことでしょう。
あの子の想いを分かる事なんて、出来なかった。
ボランティアをしていて、初めての別れでした。


それでも、私はボランティアを続けます。
ここで、やめれば、彼女の死が無駄になってしまうようで。彼女が伝えたくても、伝えられなかった思い。
その想いが、なんだったのかは今でも分かりません。
でも、彼女のためにも、私は彼女とであったこの場所を、続けていきたかったのかも知れません。


スポンサーサイト
【2006/11/07 15:45 】 | ボランティア | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<ボランティア日記? | ホーム | ボランティア日記?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。