スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
大人の世界。

私は今までの経験で、大人の世界というものをイヤと言うほど見てきた(ほんの一部ですが)。
私は今、未来の事を考える事は出来ません。
今を、今日を生き抜くので、精いっぱいです。

でもよく、もう大人なのだから親とは切り離して考えなさい。とアドバイスをもらうこともあります。
17歳ってもう大人のでしょうか?
確かに私は、考えが大人びているとはよく言われます。とても17歳とは思えないと。その考えはもう小さいときからだったので、自分ではそんな気はしません。
見方によっては、自分の意思があり、きちんと状況把握出来ているんであれば、それはもう「大人」と捉えられてしまうのでしょうか。
あるいは、17歳なんてまだまだ子ども。と思う方も多くいらっしゃるでしょう。70代の方からみれば、20・30の人もまだまだ子どもに映ってしまうでしょう。
それは、人の価値観だと思います。


親と子どもは、確かに別の人間です。
人生はそれぞれで、どう生きるかは本人の裁量に任せられるでしょう。
でも、現実は、今も親のお世話になっている訳で、自分の事ばかり考えるのはどうだろう?
と私は、思っている。

だから、お金の必要な事について、自主的に行動を起こすという事はないし、例え自分の国からの少ない見舞い金を私の口座に振り込まれても、家族と使い道を相談したいと思う。
私はよく親を裏切る子で、我がままで、どうしようもない親不幸。
ボランティアをする事になったときも、自分でさっさと決めて、親にも何も相談せず(前もって相談すれば絶対ダメって言われると思ってたから)、はい、明日面接行ってきます。って事後報告だったから・・・。
すごく心配して、何度も玄関で待っていてくれたりして、本当に心配かけたと今思い返すと、馬鹿な事ばかり親に心配かけていたと反省する。

それは私の家の事情でもあり、状況だけど、それぞれの家の約束事や、やり方ってあると思います。
家族って一種の集団生活でもあるわけだから。


それに、障害者の自立について、支援する側の立場である方々と話していると、あまりよく障害者のほんとの部分はわかっていないのかしら・・・?と思う事がある。
理想論が、多い?
プロとして、プライドが邪魔をする?
というか・・・皆さんが皆さん、そうではないと、はっきり書いておきます。

出来ない事を、きちんと「出来ません。」と、責任を持ってお伝えするつもりだったこそが、「病気に甘えてる。」と叱責されることもある。
できないことを判断するのは、あなたではなく、本人の私がすることだと思います。
障害者自身の私の話には、耳を貸してくれなかったりで、結局、当事者の意見はそこにはない。
それって、おかしいと思うんです。

私は単なる一難病者で、それを専門的に学び、プロの職に就いてる訳ではない。
知ってるのは、この病気と私についてのみ。
だけど、パッとお会いしたプロの方よりは、自分の事は自分がよく知っていると思う。
トップに立つ方だから、話しにくいし、失礼に当たるし・・・まぁよいか。とかみんな口をつぐむ。
後で裏でグチャグチャ言っても、声は届くはずもないし、何も始まらない。
ほんとにそれで、いいの?と悔しい。
まぁ私一人が悔しがったくらいで、世の中どうにも変わりませんが・・・。


いつも、人間関係の不思議さというものを感じる。
ある一方からみた私像と、もう一方からみた私像は違う。私は一人しか、いないのに・・・。
そう考えてみると、世の中何が真実で何が正しいのか、わからない。
信じるのは、自分の目?
だけど世間って、周りのうわさとか評価とかの方が、信用するよね?
真実はいつかは明らかになるとか、ほんとなの?とか思ってしまう。

大人の世界は、表と裏の顔があって、大人は過去に言った事を忘れる。自分がよい方に書き替える。
人にはよく見られたいのだろうか・・・。
それはあまりにも、無責任すぎる・・・。

私の事を「いつも心配しているよ。」「いつも思ってるよ。」とか言いながら、その方は、実は一番自分が可愛いって事を、バカな私はいまさら気づくのだった・・・。
他人は何もわからないから、「ほら、感謝しなきゃいけないよ。」とか言ってくる・・・もう、たくさんだ。

私も大人になる人間として、人をうまく利用して生きていくべきなのだろうか?
世の中を、渡り歩くって、そんなもん?
大人ちっくな子は、すでに上手に渡り歩いてたりする・・・。
あなた何言ってるの?とか突っ込みたくなりながら、その人の前では、しゃあしゃあと小嘘を並べる。
うまい、うますぎる。
よく頭とお口が回るなぁと、感心してしまう。
あー、なんか私だけ、子どもみたい。

自分の努力では乗り越えられないのだと知る。
うまく人を使う人間関係、そういうのに長けていない自分に気づいた。
大人はうそつきで、建前を気にして・・・。
大人になるって、そういうこと?
何が真実で、何が偽なのか、よくわからなくなる。
時として偽を真実と見せかすから、信用してると、裏切られた気持ちが芽生える。
正義は正しい・・・なんて言ってる場合だろうか、私は・・・。

これをわかったのは、よい社会勉強になったのでしょうか?

私に、百万馬力をください。
身体が二つほしい。
とにかく、健康な身体がほしい。

「体調管理も本人の自己責任」ですか・・・。
ボロボロに壊れても、消えてもいいから、ほんとしたい。
やり遂げたい。
病気なんて、くそ食らえだけど、自分の気力でどうしようもできないのが、悔しいです・・・。



何か的を得ない文ですみません。
これが、ネットに書ける限界点。
まるで昼ドラみたいにどろどろしてる・・・と書いてみて思うけど、こういうのってどこの世界にもあると思う。
ふつうのこととして、現実社会では今日も当たり前のように、起きていることなんだよね。

型にはめて見ないでほしいな・・・と感じる点があります。
でも人の中に形成されたある型を、とっぱらうのは至難・・・。
たとえば私について、その人が描く性格や個性とかも。
そういうのって、もったいないなと思う・・・。

あー自己反省しときます。
人について、あーだこーだいうより、私は私らしく今日も生きていこう。
人の話は最後まで聞く。
その中で、プラスもマイナスも、どんどん消化吸収していければいいなぁ・・・。
少しずつ、大人になりたいと思います・・・。

背伸びじゃなくて、本物の大人に。



スポンサーサイト
【2007/03/03 13:52 】 | 想うこと | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<失すということ。 | ホーム | 元主治医の手紙。>>
コメント
----
健康なからだがほしい。病気ならそう思うでしょう。
でも皆、戦っています。
まだまだあなたは狭い世界しか知らない。
知る事が出来ない。
私も同じ。
少なくとも私は親とも切り離して生きています。
by:はてな | URL | #-【2007/05/19 20:22】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。