スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
私の一日
私の一日をちょっとご紹介。

朝はほとんど寝てます。
夜はほとんど痛みや発作のため眠れず明け方に眠りにつくのが多いので。。

ただ、日曜日や祭日、土曜日の一日は平日より少し異なる。一週間をトータルして午前中の訪問は滅多にない。
朝、6時頃父が出勤する前に私が寝ている部屋から隣の居間(?と呼ぶのか?)までお姫さま抱っこしてもらって移動(TVがあるので)。
それから再び寝るか移動させられたのに気づかないでいるときもある(恐るべし。この移動が大変なんだよ、点滴あるし)。

起きてから母による介助が始まる。
まず歯磨き、洗顔。歯ブラシは歯茎から出血しやすいので、毛先の柔らかいやつか、血小板が極端に減っている時は薬剤が入ったうがいのみか、綿棒でする。洗顔はあったかいお湯にタオルを浸したやつで。
左手が動かなくなっていた時はこのすべてを母か看護師にしてもらっていました。
今は左手のみで用意さえしてくれたらひとりで出来ます。

そして朝のケアは母による、吸入、薬、2~3時間置きの体位交換。それからは午後まで何もない。
午後2時か3時頃に訪看さんが来てケアの時間。
バイタルチェック・点滴確認・透析チェック・処置(採血・点滴追加など)・清拭・洗髪(これは週に2回って髪、ほとんどないんですけど…一応形だけ)、お話。それで1時間半は経ちます。

訪看さんが帰った後、夕方5時から8時の間に日・月・火・木・土(日・際は13時から15時の間に来ます)は血液の担当医の先生、水・金に心臓担当医の先生の往診です。その他臨時の先生が数名来ることも。
往診は、診察(聴診・視診・触診)、治療方針の見直し(振り返り・評価)、翌日の検査オーダ、薬剤投与など。これでざっと1時間半。一緒に(って私は除く時もあるけど)食事をとってから帰る事もあります。

で、先生が帰り、父が帰ってきて(先に父が帰っている事もあるけど)11時頃まで家族でTVみたりと過ごしています(弟は先に寝てしまうことあり。我が家は全員B型なので自分のペースを決して崩さないという恐ろしい一家。そして寝るころになるとまた、父に抱かれ、就寝部屋へ。私は母と寝ています。
隣の部屋では父と弟。何かあった時、父は地震が来たって、目覚めませんから…。

就寝前に人工呼吸器をセットして、自動夜間腹膜透析をセットします。
それから、日中のケアの合間や時間がある時は福祉の教科書でちょっことお勉強。まぁ、教科書を読むことしか出来ないですが…

これがざっと、平日の一日です。
土曜日も…これと同じかな。日・祭は訪看の訪問がなく、代わりに先生が追加点滴やら持ってきて処置してくれる。時間はだいたいお昼過ぎ。

日曜日は皆さん朝寝坊。土日は食事が許されるのでみんなと一緒に朝食(いや昼食…?朝昼兼用が多い…)。で、日曜日は週に1度の血液透析日。母と私でその作業を行います。って言っても私はほとんど、口だけ。自分の出来そうなところは片手でしますが、感染のリスクを考えると片手での操作は危ない…。

その後は往診の時間まで待ったりゆったりと過ごします。そして、布団に入ってから母に本を読んでもらったり、いろいろ話したり、親子の時間を楽しんでます。

それがだいたいの私の一日。朝から母の天然ボケっぷりに笑わされたり、父のまぬけな質問に唖然としたり、弟のしぐさに和ませてもらったり、時に私がネタになります。そんな笑えるこの家族が好き。
なんでも言い合えて受け止めてもらえるこの家庭が好き。いつまでも続けばいいと願う、この幸せの時間。
だれも犠牲になることなく、だれも自分を責める事なく、だれも他者を恨むことなく、今生きているこの瞬間を感じる事が出来ればいいと、願う。
毎日同じ事をしているようでも、実は微妙に毎日変化があって、それを時々気づかなくて退屈な事もあるけど、今日という今という同じ時間は二度と訪れないのだと、だから私は今日を、今を精いっぱい生きようって、何年かして振り返った時、あの時の自分は精いっぱい生きた、と言えるように時間を大切に今を生きたいと思う。
スポンサーサイト
【2007/06/23 16:05 】 | 日々の日常 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<泣いた日・・・ | ホーム | 障害者社会参加について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。