スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
orange事件
中学生の時の入院中の出来事。
中2の終わり。私は、検査の為、入院する事になりました。
小児病棟に空きがなく、無菌室も一杯で、仕方なく成人内科病棟に入院する事になった時の事。
ある同室のおばあさんがいた。その人は、リウマチで手の動きに制限があり、ほとんどの事を周りの介助なしでは、出来なかった。
毎朝、朝食のトレイにオレンジがついてきました。
でも、おばあさんは、手の動きが制限されるため、一人で剥けません。
その頃の私はまだ、動けていたし、身体はめちゃくちゃだったけど、まだ今よりは、マシだった。
だから、私は毎朝そのおばあさんのオレンジの皮を剥いて、トレイに食べやすいように、置いていました。それが、私の日課だった。
おばあさんから、『ありがとう。』と言われるのが、嬉しくて。
でも、入院中再発し、手の動きが思う様に行かず、段々、おばあさんのオレンジの皮を剥くことが出来なくなった事はおろか、自分自身の身の回りの事さえ、出来なくなった。
ある日。おばあさんにもう、オレンジを剥く事が出来なくなった事を話しました。すごく、辛かった。自分の事よりも、そのおばあさんのオレンジを剥くことが出来なくなった事が、私の中でずっと後悔する事になったのです。
おばあさんは、優しくこういった。

『そんなん気にしいな。あんたはあんたのやる事があるんや。わたしの事は気にせんと。皆、しんどうなって、ここにおるんや。あんたが謝る事あれへん。』

おばあさんの、優しさが、温もりが、余計に辛かった。
どうせなら、責めて欲しい。『どうして、剥かれへんねん!』って怒鳴って欲しい。優しくされれば、されるほど、出来なくなった自分が非力のように感じた。

翌日、おばあさんの食事のトレイにオレンジがそのまま乗って、下げられていたのを見ました。
ベッドで泣いた。わんわん泣いた。
看護師さんが心配して、『どうしたの?』と声をかけて下さる方もいた。でも、先生も看護師さんも、再発して動けなくなった事を泣いているのだと勘違いしていた。
そうじゃない。私が泣いているのは、あのおばあさんのオレンジの皮が剥けなくなった事。私の変わりに、誰も剥いてくれる人がいなかった事。
同室の人は、私以外、皆動ける方ばかりだった。一人くらい、おばあさんのオレンジを剥いて上げる事だって出来たのに。

どうしてですか?どうして誰も剥いてくれなかったのですか?
どうして、知らん顔するのですか?
そんな、何分もかからないでしょう。
オレンジ一個の皮を剥くくらい。ほんの少しの時間があれば、出来る事です。なのに、看護師さんも、看護助手の方も、同室の方も、皆、見て見ぬふりをした。

私が、動けたら。私が、再発さえしなければ。
これからも、続けていけたはず。オレンジの皮を剥くくらい。

たまりかねて、さりげなく看護師さんに言って見た。
そしたら。

『だったら、食べなきゃいいじゃん。』

オレンジを食べ無くったって、死ぬわけじゃない。病気が良くなるわけじゃない。
でも、あのおばあさんの気持ち。考えた事ありますか?
少しだけでも、ココロに寄り添った事ありますか?
悲しかった。誰も、あのおばあさんの気持ちに気づいてあげれてないのが。日々の業務に追われて、一番肝心な、『患者の心に寄り添う事』が出来ていない臨床の現場に、目の当たりにし、とてもやりきれなくて、悲しくなった。

そのおばあさんは、息子さんに引き取られ、在宅に戻られました。
最後に、あたしに言った。

『あんたがみかん剥いてくれた事。すごい嬉しかったんやで。ありがとな。あんたはまだ若いさかい。こんな病気に負けたらあかんよ。あんたの優しさがほんま嬉しかった。』

と言って、帰られていきました。

あのおばあさんに、もう会う事はありませんでした。

たかが、オレンジ。されど、オレンジ。
この事件は、入院中の切ない事件でした。

いまの季節。オレンジを見るたびに、あのおばあさんの事を思い出します。
スポンサーサイト

テーマ:思ったこと、考えたこと - ジャンル:ブログ

【2006/11/05 13:32 】 | 過去の入院日記 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
<<ボランティア日記? | ホーム | 祖母への想い>>
コメント
----
オレンジいいおはなしです
by:you2 | URL | #CjlWd7YA【2007/02/07 16:34】 [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。